ホーム ≫ 技術情報 ≫ 

ジャバラの応力解析の一例

技術情報

  • 製品を探す
  • 採用情報
  • よくあるご質問
  • カタログダウンロード

事業所一覧

  • 【本社・大阪営業所】〒541-0053
    大阪市中央区本町3-5-7 御堂筋本町ビル
    TEL: (06)4708-8946
  • 【東京営業所】〒110-0016
    東京都台東区台東4-5-1 タマタビル
    TEL: (03)3831-4395
  • 【名古屋営業所】〒460-0002
    名古屋市中区丸の内2-18-22 三博ビル
    TEL: (052)220-7800
  • 【たつの工場】〒679-4016
    兵庫県たつの市揖西町南山3-8
    TEL: (0791)64-8200

ジャバラの応力解析の一例

ジャバラ材料
ジャバラ製品に使用される材料は複合材料と呼ばれているもので、ゴムや樹脂の基材にガラス繊維、カーボン繊維、そしてアラミド繊維等が編みこまれたものが多く、強度と柔軟性を両立させています。
 しかしジャバラ製品は用途上大きな変形が伴い、強度計算では求まらないものが多く何回も試作を作って確認をするという作業が発生していました。
複合材料の大変形解析
ジャバラ製品には様々な力が加わります。これらの力や変位に対し十分な強度を持つ製品の開発を行っております。ジャバラ製品の複合材料の解析は「大変形解析」となり、その一例を紹介致します。
 製品は配管のズレを吸収するもので、条件は横方向に30㎜ズレてさらに水圧が0.2MPa加わったということで解析しています。