ケーブル保護用カバー

高速道路・橋梁用

ケーブル保護用カバー

高速道路や橋梁に使用されています、電源用ケーブルや通信用光ケーブルカバーを、塩害や雨風、土砂などから保護するカバーです。 特徴としましては本体にファスナーを採用する事により、交換作業時にケーブルを外すことなく、容易にジャバラ部のみを交換出来ます。本体材料には耐候性に優れ、融雪剤にも強い材料を使用... 詳細を見る

支承用カバー

橋梁では、温度変化の影響による主桁や主構の伸縮を吸収するためや、耐震性向上のために、上部構造と橋台および橋脚を直接剛結せず、変形を吸収する部材を介して支持するのが一般的である。この部材を支承と呼び、上部構造の変形(回転・伸縮)を吸収し、上部構造の荷重を下部構造に伝達する役割を果たしています。 そ... 詳細を見る

壁高欄遊間部伸縮カバー

橋梁の伸縮装置の壁高欄部分の隙間を覆う為に使用します。 これにより、雨水また道路上にある異物の橋梁下部への落下を防止する事ができます。 ゴムシートと金属板を組合せた構成となっており、これにより本体を薄くし柔軟性を確保しつつ、 なおかつ強風に対しての強度を充分に持たせる事ができます。 ジャバラ構造とす... 詳細を見る

ドレシー(樋連結部)

独自の配合で寒冷地にも高温地にも、すぐれた耐候性を持つネオプレーンゴム引き布と特殊熱接着による積層構造が実現した抜群の屋外耐侯制と耐久性は、25年以上の納入実績の中で高い評価を得ています。 ドレシーは、他の成形べローに比べて本体に柔軟性があるため、配管のズレ誤差にも調整が容易で、工事現場の作業性が... 詳細を見る